【つかみネタ】1日完全マスター講座

10月23日(日)10:00~18:00 開催します。

ありがとうございました!

おかげさまで、

満席になりました。

これも、みなさんのご協力のおかげです。

またの機会も、よろしくお願いします。
9月6日21時 寺沢俊哉(ライブ講師®実践会代表)

当日テキストは、こちら(←)からダウンロードしてください。

【当日テキスト】
圧縮ファイルになっています。
出席者にお知らせしているパスワードで解凍してください。

 

tukamititle

つかみネタ

30連発!

■主 催■ライブ講師®実践会
■協 賛■ビジネスメンタリスト®養成講座
■日 時■
10月23日(日)10:00~18:00(終了後懇親会を予定)
■場 所■東京都内 東京駅から徒歩10分の会場です(お申込いただいた方にご連絡いたします)

syuugou

 

★たとえば、研修やセミナーの冒頭・・・

「どうやって、口火を切ったらいいんだろう?」
一瞬で聞き手を引きつけるためには、どうしたらいいんだろう?

★たとえば、講義の最中・・・

「もっと、聞き手を前のめりにさせるには?」
「テーマを自分事としてとらえてもらうには、どうしたらいいんだろう?」

★たとえば、終盤にさしかかったあたりで・・・

「どんどん加速させ、もっと学びたくなるようにするには?」
「研修終了後、必ず行動するようにうながしていくにはどうしたらいいんだろう?」

「人前で教える、話す」経験をおもちのあなたなら、必ず、こうした課題をおもちではないでしょうか?

tera02

だとしたら・・・
10月23日(日)の1日間は、

あなたにとって、

これ以上ないくらい充実した1日になるでしょう!

 

こんな方におすすめです!boret

 

 

こんにちは!

ライブ講師®実践会代表
寺沢俊哉と

ビジネスメンタリスト®
白戸三四郎です。

WS000000

寺沢俊哉(左) & 白戸三四郎(右)

私たちは、長年、

「いかに、研修・セミナーを価値あるものにするか?」

「参加者の成長をうながすためには、どうしたらいいか?」

といったテーマに、それぞれの分野で、真っ正面から取り組んできました。

今回、その成果を共有させていただくために、

3年ぶりに(前回は「ツカミアンナイト」という講座を開催)
「つかみ」に関する講座を開催いたします。ぜひ、いらっしゃいませんか?

「つかみネタ 1日完全マスター講座」

omoushikomi

 

midashi01

世の中には、
●こうすれば、集客できる!
●こうすれば、高額セミナーに申し込んでくれる!
●あなたも、1日で研修講師になれる!
といった、研修講師むけのノウハウ情報が氾濫しています。

でも…ちょっと

考えてください。

●ありきたりな「アオリ系」のキャッチフレーズで、セールスレターを書いて
●それほどユニークでないUSPを全面に打ち出し、
見栄えのよい写真と、かき集めた「実績」や「お客様の声」を提示して、

それで…

2回目以降の研修セミナーが開催できるのでしょうか?

tera01


たしかに、それらも重要でしょう。

しかし、本来は・・・
参加者や主催者の事を本気で考え、
提供する研修・セミナーの質をあげるにはどうしたらいいか?を問い続け、
そのために必要な、

「教える技術」を

磨き上げる!

それこそが、講師としての最重要ポイントではないでしょうか。その結果として、

◆寺沢は・・・
上場企業から中小企業までのビジネス研修を、27年間継続し、リピート率80%以上。現在は、ほぼご紹介だけでビジネスの基盤を形成し、後輩の育成に力を注ぎ、

◆白戸は・・・
年間の講演・セミナーが毎年80日以上、金融機関を中心に3年間で2万人をこえる受講生を育ててきました

 

講師やコンサルタントには、
誰でもなることができます。

しかし・・・

「選ばれ続ける講師」

になる!

こととは全く違うのです。

 

 

midashi02

では、どうすればいいのか?

簡単です!

「あっ!この先生おもしろい」

「○さんにもっと教わりたい」

そう言われればいいのです。

それにはまず、

こちらをむいてもらうこと。

それが第1歩です。

shirato

 

そのために必要なのが、

「つかみネタ」

今回の「つかみネタ1日完全マスター講座」では、寺沢と白戸が、ビジネス研修やさまざまな場面で

実際に使って効果をあげている

「つかみネタ」や「気づきの実習」を厳選
してお届けします。

当日、まずは・・・
参加者の立場で体験してください。

内容は・・・
●クイズ
●錯覚
●マジック
●データ
●ストーリーテリング
●体験型実習

や、それを
●オープニングでどう使うか
●状況にあわせた「口火の切り方」などなど・・・

iroiro

本当に多岐にわたります。

今回はつかみネタとして、寺沢と白戸で、

30ネタ

ご紹介します!

ご期待ください。

 

そして、その上で・・・

ここが最も重要なところですが、

今度は
●自分の研修・セミナーならどう活用できるか

●もっと、効果的に行うにはどうしたらいいか

といった工夫を参加者全員で話しあいます。このプロセスを

シャブリング

と呼んでいます(ネタをしゃぶってさらによくすることから、3年前に寺沢が命名しました)。


ます、つかみネタをシャワーのように浴びる。
その上で、シャブリングし続ける。
こうした体験をすることで、1日で、
講師として必要な

「つかみ」の基本を全てマスター

していただきます。

 

さらに・・・

ご提供する「つかみネタ」は、その後、

【特典1】
みなさんの研修・セミナー
でフリーにご利用

いただけます。
どうぞご活用ください。
後日、成果をご報告いただけたらこんな喜びはありません。

もちろん・・・

【特典2】オンライン会員の方には・・・

講座終了後、一部をオンライン動画でご提供。

復習にご活用ください。

なお・・・

まだ、オンライン会員でない方も・・・

2016年オンライン会員の募集は、すでに終了していますが、

今回の参加者の方々は、当日、会場で特別価格で

お申込を受け付ける

予定です。ご期待ください。

 

 

「つかみネタ 1日完全マスター講座」

omoushikomi

 

以前の講座に参加された方々の声を集めました。

 

【参加者の声】
目から鱗でした。3年ぶりの講座に期待しています

岩槻 まなみさん(40代女性 研修講師)

mana

それまで、正直、どうやってセミナーをつくりあげていったらいいか、わかりませんでした。伝えたい内容をただ順番に並べても、思いが伝わりません。3年前に、寺沢さん、白戸さんのセミナー(たしか、「ツカミアンナイト」という名称)に出て、目から鱗でした。「つかみ」がいかに大切か?それを「いかす」ことがどんなに大切か?そうした事を実感してから私のセミナーが変わりました。今では、自信を持って進めています。今回も楽しみです。よろしくお願いします。

 

【参加者の声】
契約率が1.8倍に

深沢文敏さん(40代男性  行政書士)

fuka

講師をはじめたばかりです。もともとは、大手フランチャイズ本部で新規出店から経営再建まで、オーナー様相手に寝る間もなく働いていました。現在は、行政書士として独立し、起業支援や電子出版のコンサルティングをしています。お客様と出会うためには、ご紹介セミナー(フロントエンド)が重要ですが、興味を引きつけるには「つかみネタ」が重要です。難しい話もわかりやすく「自分事」に展開していくことで、コンサルティング契約率が1.8倍に向上しました。「つかみネタ」からセミナーを構成していくことの大切さを学びました。

 

【参加者の声】
テキストがバイブルになりました

増田雅好さん(40代女性中小企業診断士 講師経験15年)

masu

私は、企業や地域を対象としたファリシテーションを進行する機会が多いのですが、講座を学んでから「次もまたお願いしたい」というオファーをいただけるようになりました。その場での切り返しや深い質問ができることが評価されました。講義が中心のケースでも、意図をもった「つかみ」を入れて、参加者視点でのストーリーラインをしっかり組み立てられるようになりました。講座のテキストは、教える上でのバイブルになっています。

 

【参加者の声】
社内研修が楽しくなりました

小林嘉男さん(40代男性上場企業経理部部長)

koba

社内研修の講師をする機会が多くなりました。「財務研修」など固い内容から「コミュニケーショントレーニング」まで社内で教えています。知識研修でもスキル研修でも「つかみネタ」の技術は大切です。社内研修が楽しくなりました。そして、寺沢さん、白戸さんのすごいところは、こうしたネタをただ紹介するのではなく、研修全体にどう組み込めばいいのか、ストーリーラインとともに伝えてくれるところです。「教える技術」を体系的に学べる場が中々ないので、そうした意味でも、自分にとってとても有意義な時間です。

 

「つかみネタ 1日完全マスター講座」

omoushikomi

 

 

midashi03

そしてもう1つ。

とても大切なことがあります。

それは・・・
「一発屋にならない」ことです。

せっかく「つかみネタ」をおぼえても、

それだけでは、ただのおもしろい講師

で終わってしまいます。
実はこれ、講師としては
絶対避けるべき状態です。

たとえば、せっかく、
「あ~ おもしろいアイスブレイクだった。。。」という感情を参加者がもってくれたのに、そのあといきなり、
「では、これから本題です」と講師が言ってしまったら、
「・・・」

こんなつなぎ方はもったいない(^_^;)

 

せっかくの「つかみ」が、いきていません。
では、どうしたらいいか。

それは・・・

「つかん」だら「いかす」の公式を守ること!

大切なので、もう一度。

「つかん」だら「いかす」の公式を守ること!

tsukamiikasi

「つかみ」は興味をひくための伏線。

だからそれを本題に「いかす」のです。

ちょっと、わかりにくいかもしれませんね。
でも、ご安心ください。
このあたりのコツは、当日の講座で徹底的にマスターします。

今回、こうした1つひとつのノウハウを、

公式化しました!

それが・・・

「あついかみの」対話!

 

わせる対話

かむ対話

かす対話

さねる対話

つける対話

せる対話


この公式にあてはめることで、あなたの研修・セミナーでも、どんどん活用できるでしょう。

すでに、オンライン講座で学んでいる方にとっても、公式の具体的な活用方法が学べます。

これで、あなたの研修・セミナーが変わります!
公式を活用することで・・・

少なくとも、64倍おもしろくなります。

 

当日は、このあたりのことをしっかり説明します。
そして・・・
あなたも、

「選ばれ続ける講師」に!

世の中に、本物の講師がたくさん生まれることを願ってやみません。

 

 

midashi04

当日は、次のような進行を予定しています。

8:30~スタッフ集合

●会場準備(裏側公開します~希望者 【特典3】)

 9:40~開場(入場開始)
10:00~開始

●オープニング(オリエンテーション)の鉄則

●聞き手が前のめりになるつかみネタ&シャブリング
つかみネタ30連発!
データ系
物語系
実習系
無限にシャブリング

●選ばれ続ける講師になる最大の秘密とは
テーマを貫く
その先を見据える
クチコミ戦略

●意見交換・質疑応答はつど実施

~18:00終了

●懇親会(会場での立食形式を予定しています)

*進行によって内容は変更することがあります。
*投影資料・配付資料は、後日、PDFでご提供します。

 

 

midashi05

今回、次のような特典をつけました。

 

【特典1】
みなさんの研修・セミナーでフリーにご利用

今回ご提供する「つかみネタ」は、その後、フリーでご利用いただけます。
使用するテキストなどからは、著作権の発生するものなどを排除しました。
どうぞご活用ください。
後日、成果をご報告いただけたらこんな喜びはありません。

 

【特典2】
オンライン会員の方には・・・
講座終了後、一部をオンライン動画でもご提供します。

ぜひ、復習にご活用ください。
なお・・・

まだ、オンライン会員でない方も・・・

2016年オンライン会員の募集は、すでに終了していますが、

今回の参加者の方々は、当日、会場で特別価格で

お申込を受け付ける

予定です。ご期待ください。

詳細は当日ご説明いたします。

(ご参考)こちら(←)の内容です。

 

【特典3】裏側みせます(先着10名)

お申込 先着10名様に限り、講座開始前の会場準備段階から参加見学することができます。
ご希望の方は、「
8:30~スタッフ集合」のお集まりください。
実際、どのようにして、講座を立ち上げているのか、準備の場面を体験することができます。

定員に達しました。

 

【特典4】ワンシート「ことだま」集

PDFの形で、ワンシートに「名言」と関係する写真を載せた資料をプレゼントします。
研修やセミナーの冒頭、テーマに関する意識付けをするのに効果的です。
(例)サン・ディグジュベリ
「愛すると言うことは、お互いを見つめ合うのではなく、2人が同じ方向をみることだ」
さて、この名言。どんなときに使えるでしょうか。

 

【特典5】オンライン講座(有料動画)を
一部公開いたします(開催日当日まで)

こちら(←)に無料公開中の動画があります。当日までにご覧いただければ、参考になると思います。

 

 

 

midashi06

 

【一般の方】25000円(税込)

【ライブ講師®実践会 メルマガ会員】20000円(税込)

まだメルマガ会員でない方も、こちら(←)から、無料メルマガにご登録ください。
その上で、20000円でお申し込みください。

【ライブ講師®実践会オンライン会員】10000円(税込)

「つかみネタ 1日完全マスター講座」

omoushikomi

いずれも、クレジット払い(PAYPAL)と銀行振込が選べます。

 

 

midashi07

Q1 はじめて講師として登壇します。初心者でも大丈夫でしょうか。

A1 大丈夫です。むしろ、はじめての方大歓迎です。
講座では、「つかみネタ」だけでなく、教える技術を基礎からお伝えして参ります。自己流ではじめるよりも、無駄なく基本をマスターしていただけることと思います。今回はとくに、体験を通じて実際の雰囲気に触れることができるので、初心者の方にはおすすめです。

 

Q2 私の場合、講義のボリュームが多いのですが。
法律などの専門的な講義をすることが多く、一方的に伝えないと時間が足りません。それでも、今回の「つかみネタ」(教える技術)をとりいれることは、できるのでしょうか。

A2 はい。取り入れることができます。
以前、社労士の方で、どうしても細かい条文やその説明などで、講義に時間が必要な方がいらっしゃいました。とはいえ、一方的にそれを話してしまっては、聞き手をひきつけることができません。そこで、ストーリー仕立てにして、臨場感もって解説していだだく方法を取り入れました。時間は少々かかります。その分の時間は、事前課題(クイズ形式の興味をひくもの)を読んできてもらうことでカバーしました。このように工夫することで、当日の時間をうまく使うことができるのです。

 

Q3 口火を切るのが苦手です
とくに、相手が冷めているような場ではどうしたらいいか悩みます。そんな受講生が多いのですが、大丈夫でしょうか。。

A3 お気持ちわかります。大丈夫です。
講師としてはつらい状況ですよね。企業研修などで、義務的に参加させられている方が多い場合には、こうしたケースが実際あります。
でも、お任せください。こんなときこそ「つかみネタ」が役立ちます。というのも、寺沢自身こうした場での登壇経験が多いのです。
まず、公開セミナーに自腹を切って参加する人と、モチベーションが全く異なることを認識します。だからこそ、その場の温度(感情の温度)や、本質的な悩み(場合よっては、その講座以外のことに意識が撮られている)にあわせた、導入の仕方を工夫します。


Q4 年上の人、役職が上の人に教えなければなりません。

そんなときでも、この方法は活用できるのでしょうか。

A4 もちろん活用できます。というか、ピッタリだと思います。
27年前、寺沢は28才で経営コンサルタントになりました。当時は、コンサルタントという言葉もなく、経営指導員と言われていました。そのとき出会う経営者は、すべて年配者。毎日が、自分の親より上の年齢の方に「教えなければならない」状況でした。
今回の講座は、そうした経験から生まれています。だから、上の方でも全く問題ありません。
なぜなら、もともと「上から目線で教える」のではなく、「ともに学びあう仲間として関わる」学習形式を取り入れているからです。
Q5 できあいのプログラムを使うため、自分なりの工夫できません。

A5 確かにそういうケースありますが、ご安心ください。
新人研修やマナー研修など、すでに、できあいのプログラムがあって、講師としての工夫をとりいれにくい研修もあるでしょう。企業から依頼を受けた研修の場合、進行にもさまざまな制約があります。
でも、大丈夫です。そんな状況だからこそ「つかみネタ」を活用することができます。
やや専門的な話になりますが(これは講座で学びます)、研修を構成する要素として、コンテンツ(教える内容)、ストラクチャー(構成の仕方)、デリバリー(講師の振る舞い)があります。
このうち、コンテンツについては変えられない。しかし、ストラクチャーを細かなところで変更することはできます。具体的には、より「対話型」になるように微調整します。さらに、デリバリーは、講師の色を出すことができます。ここまで研修マニュアルで規定することはできないからです。
正直、同じ話を聞いても、感動する講師とそうでない講師がいますよね。それは、こうした細かな点の工夫にあるのです。
共通プログラムだからこそ、「つかみネタ」を活用することで、あなたの講義術が光ることでしょう。

 

Q6 社内講師です。これまで見よう見まねでやってきたのですが、ついていけるでしょうか。

A6 もちろん大丈夫です。
そもそも「教え方」を体系的に学んだことのある方は、ほとんどいません
たしかに、教職課程などをとられている方はいますが、正直、学生に教えるのと、大人に教えるのでは、目的もモチベーションもまったく異なりますよね。

この講座では、ライブ講師®のクライテリアにそって、教える技術をイチから学んでいきます。むしろ、これまでのご経験と重ね合わせることで、ご自身なりの課題が明確になってくるはずです。ご参加をお待ちしています。

 

Q7 同じ人を対象にしています
毎週少しずつ進めていくタイプの連続講座をもっています。そのため、同じつかみネタを使うことができません。

A7 たしかにそうですね。でも、大丈夫です。
単純に、必要な数だけ、ちがったネタを集めようとすると、毎日たいへんなことになるかもしれません。
でも、大丈夫です。というのも、単発の「つかみネタ」だけでなく、「シャブリング」を推奨しているからです。詳しくは講座内で解説していきますが、「シャブリング」とは、ある1つのネタをもとに、「これを他の場面で使えないか」「同様の効果のあるつかみネタには、どのようなものがあるか」といったことを研究していくトレーニングです。こうしたトレーニングをしていくことで、1つのネタを10や20にふくらませることができるようになります。鉄板ネタというのは、どうでしょう。せいぜい20くらいではないでしょうか。あとは、その応用でどうにでもなるのです。ぜひ、参加をお待ちしています。
Q8 質問を受けるのが苦手です
用意した内容を提供するのは得意なのですが、突然ふられたりするときの対応方法に苦慮しています。

A8 この話。まさに、「ライブ」講師の技術が活かせます。
もちろん、その分野に関しての知識や技術が不足している場合は、しっかり強化しなければなりませんが、しかし、講師として一定の内容をすでにおもちなのであれば、あとは、その場の対応方法され磨き上げれば大丈夫です。
たとえば、質疑応答の4K(感謝、確認、回答、確認)という公式があります。これを活用するだけで質疑応答はスムーズに進みます。すでに、同様の悩みをお持ちだった方の事例もたくさんございます。あなたなりの解決方法が必ず見つかるはずです。

 

 

midashi08

 

Q1 支払方法は、どのようなものでしょうか
A1 クレジット(PAYPAL)と、銀行振込です。

Q2 申込後、支払後の流れは、どうなりますか
A2 お申込後に、まず確認のメールが届きます。その後入金確認後に2通目、詳細のご案内メールが届きます。
クレジット(PAYPAL)決済の方は、両者ともほぼ同時に届きます。銀行振込の方は、入金確認の時間があるので、2通目のメールは数日後に届きます。

Q3 返金保証はありますか
A3 ありません。内容を十分ご確認の上、お申し込みください。

 

ご不明の点は、

info@m.teram.jp (@を半角にしてください)

までご連絡お願いします。寺沢が責任をもって対応いたします。

 

 

最後まで、おつきあいいただき、本当にありがとうございました。

私、寺沢のライフワークは、

知恵の共創と継承の場

です。

講師を目指す仲間同士で、
「一人ひとりがもつ魅力(他者へ貢献できる独自能力)を、お互いが敬意をもって認めあい、教えあい、学びあう場を創る」 こと。さらには、

「そうした場を通じて、次世代に知恵を継承する」
ことを実現したいと考えています。

教えること(与えること)を喜びとする人を、世の中に増やしていきたい!

そのために、2015年から「ライブ講師®実践会」をはじめました。

くわしくは、こちら(←)をごらんください。
お互いが「教える技術」を研鑽しあう場です。

今回の講座も、こうした仲間の協力、お互いの切磋琢磨があって実現することができました。心から感謝しています。

ありがとう!

それでは、10月23日(日)。
ぜひ、ご一緒しましょう。

「つかみネタ1日完全マスター講座」でお待ちしています。

 

「つかみネタ 1日完全マスター講座」

omoushikomi


■主 催■ ライブ講師®実践会
■協 賛■ ビジネスメンタリスト®養成講座
■日 時■ 10月23日(日)10:00~18:00(終了後懇親会を予定)

■講師紹介■

001

002

あなたの参加を、お待ちしています!

ending

Follow me!